美肌は女性のあこがれ、肌をきれいにする方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

肌をきれいにする方法は洗顔です!


私達の肌は、「天然のクリーム」と言われる皮脂や、水分を保って肌を保護することはできます。


ですが、1つだけ、肌が自力ではできないことがあります。


それは、肌の汚れを落とすこと。


その為、「洗顔」というのは、スキンケアの中でとっても重要になります。


せっかくスキンケアで化粧品を使っても、肌に汚れが残っていると化粧品は肌に浸透しません。


スポンサードリンク



では、どんな洗顔が肌には良いのか、いろいろなチェックポイントがあります。


まず、洗顔を始める前に、髪をきっちりとまとめましょう。


髪は、毎日シャンプーしていても、結構汚れを引き寄せています。


髪の汚れが顔に付かないように、顔はきちんとまとめてくださいね。


次に、手をキレイに洗いましょう。


これも、手が汚れていたら、せっかくの洗顔も意味がないからです。


手をキレイに洗ったら、ぬるま湯で顔を素洗いします。


この時、「ぬるま湯」の温度にも気をつけてください。


普通のお風呂での「ぬるま湯」は、洗顔には熱すぎます。


35度くらいの、「ちょっと冷たいかな」と感じるくらいの温度が、洗顔には適しています。


また、もうワンランク上の洗顔をするには、洗面器にぬるま湯を張って、その中に顔を10秒くらい付けて、毛穴がよく開くようにすると効果的です。


洗顔に使う洗顔料は、固形石鹸がオススメです。


刺激が少ないので、肌が不安定になる春先のこの時期でも、肌に負担をかけずに洗顔することができるんです。


石鹸は、よく泡立てましょう。


泡立てネットなどを使うと、弾力のあるしっかりした泡を作ることができますよ。


しっかり泡立てたら、肌の上に乗せて、泡の弾力を感じる程度の力で、泡で汚れを落とすイメージで優しく洗いましょう。


ゴシゴシと力を入れると、肌に負担がかかり傷めてしまいます。


泡が汚れを吸着してくれるので、力を入れなくても十分にキレイになります。


クルクルと手を回して洗顔したら、ぬるま湯でしっかり濯いでください。


洗顔料が残っていると、肌荒れの原因になってしまいます。


ぬるま湯を出しっぱなしにして、手ですくいながら顔にパシャパシャとかけるように濯いでください。


最低でも20回、「もういいかな」と思った後、もう10回くらい濯ぐようにすると、効果的です。


額や耳の脇の生え際、顎などは濯ぎ残しが多い部分なので、きちんと濯ぐようにしましょう。


キレイに洗ったら、清潔な柔らかいタオルで、顔を押さえて水分を吸い取るようにします。


ここでも、決してタオルで擦ったりしないように、気をつけましょう。


やはり、肌を傷めてしまいますからね。


こうして洗顔が終わったら、なるべく早くスキンケアに取り掛かるようにしてくださいね。


洗顔を丁寧にすれば、肌は見違えるようにキレイになっていきます。


スキンケアの効果も出やすいので、ぜひお試しください。