美肌は女性のあこがれ、肌をきれいにする方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

肌をきれいにするストレッチ


東洋医学では「経絡」と言う言葉が出てきます。


経絡とは身体の中を流れている目に見えないエネルギーである気と血の通り道で、身体の中を何本もの経絡が通っています。


健康を維持したり体調を良くするには、経絡の中を流れている気と血の流れを良くする事が大切です。


流れが悪くなると健康を害して、様々な病気となって現れ、肌にも影響を与えます。


ストレッチで経絡を伸ばしてあげる事で気と血の巡りが良くなり、肌はどんどんキレイになっていきます。


1.胸を伸ばして大腸絡を強める


スポンサードリンク



足を肩幅に開き、両腕を後ろに回して両手の指を絡めます。


肘を曲げすに腕を後ろに伸ばしたまま、腰から前屈します。


腰を倒せる所まで倒したら、そのまま10秒静止します。


2.足の前側を伸ばして胃絡を強める 


足を開き気味に正座し、そのまま身体を後ろに倒し、床に背中をつけます。


太ももから膝の筋肉が伸びるのを意識して、10秒静止します。


3.脇の伸ばして肝絡を強める


足を伸ばして開けるだけ開いて座り、つま先は上に向けます。


その姿勢から上体を左横に倒し、右腕を上から回して左のつま先を掴みます。


そのまま10秒静止し、反対側も同様にやります。


4.足裏を伸ばして腎絡を強める


足を伸ばして座って肩幅に開きます。


足首を曲げてつま先が上に向くようにして、両手でつま先を掴むように上体を前に倒します。足裏を伸ばすような感じで10秒静止します。


この4つのストレッチは、肌の働きを良くしてくれます。


1日に1クール寝る前に行いましょう。


静止する時に、息をゆっくり吐くのがコツです。