美肌は女性のあこがれ、肌をきれいにする方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

スキンケアにおける基礎化粧品選び


まず、皮脂分泌が盛んな10代や20代前半の方は、油分を多く含んだ高価な化粧品を使う必要はありません。


肌は自ら潤う力を持っているので、その年代の方が油分の多いクリームを塗りたくり、ギトギトした状態にしてしまうのは、肌をダメにしてしまいす。


ベタベタとたくさん塗れば、キレイになるというものではないという事です。


余分なものを取って、足りないものを補うという、シンプルで効率の良いスキンケアこそが美肌への近道ですよ。


「基礎化粧品の選び方と使い方」


・化粧水選びは、ノンアルコールのものがオススメです。


スポンサードリンク



アルコールは皮脂を奪って、肌を乾燥させます。


洗顔後の化粧水は保湿が目的ですので、サッパリ感を求めたいオイリー肌の方でも、保湿化粧水はノンアルコールを選びましょう。


化粧水は、コットンでも手につけても効果は同じです。


手につける場合は必ず清潔な手で、コットンの場合はパッティングもオススメですが、強くやり過ぎたり、赤くなるほどパッティングするのは逆効果。


・美容液もノンオイルがベストです。


オイルが入っていないから、どんな肌質の方でも安心して使えるのが美容液のメリットです。オイル入りの美容液もありますが、肌の為にはノンオイルを選びましょう。


美容液は保湿だけでなく、メイクの下地としても使える優れものです。


肌をしっとりさせるので、ファンデーションのノリを良くする効果があります。


油分を多く含んだ下地クリームを使うより、肌にも負担をかけませんのでオススメですね。