胸の脂肪は、みっともないですね。胸の脂肪の落とし方を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

腕立て伏せとベンチプレスで胸を引き締める


肥満体型になってくると、まずお腹に脂肪がつきます。


そして次に胸に脂肪がつくんです。


この二つに脂肪がつくと一気に見苦しい体型になってしまうんですよね。


私も日頃の不摂生のせいか、その体型になってしまいなんとかしようと雑誌のダイエット特集を見ていると、胸の筋肉を鍛えれば、脂肪が取れると書いてありました。


さっそくその雑誌に書いてある筋トレを実践してみました。


まず、初心者は、器具などを使わずに自重トレーニングをした方がいいそうです。


スポンサードリンク



自重トレーニングとは、自分の体重を負荷にして行うトレーニングで、代表的なのが腕立て伏せや腹筋、背筋、スクワットなどです。


その中でも胸に効果があるのは、腕立て伏せらしいので、それをやってみました。


腕立て伏せなんて学生時代以来なので、出来るか不安でしたがなんとか10回は出来ました。


初日は無理はせず、その10回で終了。


そして翌日、昨日の効果なのか胸周りが筋肉痛でめちゃくちゃ痛かったんです。


たった10回でも筋肉痛になるんだから、効いている証拠ですよね。


そのまま、1週間程度腕立て伏せだけを続けたところ、心なしか脂肪の奥の胸の筋肉が発達してきている気がします。


胸の筋肉は他に比べて発達しやすいらしいので、その調子で腕立て伏せをしました。


そして1ヶ月続けたところで、ウエイトトレーニングも取り入れたんです。


近所の市民体育館のジムでベンチプレスをしました。


これで胸を効果的に鍛えられるそうなんですよね。


そんな感じで2ヶ月程度筋トレを続けたところ、胸の脂肪で垂れていた胸が筋肉で盛り上がり、脂肪も少なくなった気がします。