胸の脂肪は、みっともないですね。胸の脂肪の落とし方を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

筋トレと有酸素運動で胸の脂肪の落とす


胸についた脂肪は、筋トレと、有酸素運動で落としましょう。


まず、胸についた脂肪を落とすには、大胸筋を鍛えて、胸のたるみを目立たなくする事が大切です。


大胸筋が発達していないと、胸についた脂肪が垂れてみっともない形になります。


ですから、脂肪でたれた胸を改善するには、胸の筋肉を鍛える事が効果的なんです。


そのためには、腕立て伏せをしましょう。


腕立て伏せは、手の間隔をかえる事により、負荷がかかる場所をかえる事が出来ます。


スポンサードリンク



腕を肩幅よりも広く拡げてすると、大胸筋が鍛えられます。


逆に狭くすると、三角筋や、上腕三頭筋を鍛える事が可能です。


今回は胸の脂肪を落とすトレーニングですから、肩幅よりも広くして腕立て伏せをしましょう。


まず、腕立て伏せで最大限筋肉に刺激をあたえるには、動作をゆっくり、そして深く沈める事です。


よく、回数だけ意識している方がいますが、沢山するよりも動作をゆっくり、そして深く沈める方がより、筋肉に刺激をあたえられるのです。


ですから、まずは回数は意識せずに、ゆっくりした動作で限界までやりましょう。


ゆっくりやれば10回でもやっとなはずです。


そのくらいしか出来ない方が、正しい腕立て伏せなんです。


腕立て伏せをマスターしたら、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れてみてください。


丁度筋トレをした後の、筋肉が張っている状態で有酸素運動をした方がより、カロリー消費の効果が高いので、この順番だけは守るようにするといいでしょう。