胸の脂肪は、みっともないですね。胸の脂肪の落とし方を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

胸の脂肪を落とす筋トレ


胸についた脂肪を落とすには筋トレが効果的です。


胸を鍛える筋トレの代表例としては、腕立て伏せがあります。


腕立て伏せは、筋トレの代表格ですからやった事がない人はいませんよね。


そんな腕立て伏せですが、正しいフォームでゆっくりやれば、胸の脂肪を落とす事も出来るんです。


正確には脂肪を落とすわけではありませんが、胸の筋肉を増やす事により、基礎代謝がアップし、普段の生活でもカロリーを消費しやすいからだになるんです。


スポンサードリンク



カロリーを消費しやすい体になれば、食べても太りにくいですし余分な脂肪は燃焼されます。


ですから、胸の筋トレは、結果的に胸の脂肪を減らす事につながるのです。


では、正しい腕立て伏せのやり方をみていきましょう。


まず、両腕は肩幅かそれより少し広めくらいにとります。


狭くすると、上腕三頭筋や、三角筋に負荷がかかり、胸の筋トレ効果が減るので注意して下さい。


広めに両手を広げたら、そのままゆっくり沈ませます。


あごがつくくらいまで、深く沈ませるのがポイントです。


この時へっぴり腰にならないようにしましょう。


頭から足先までまっすぐ保つ事が大切です。


そして、沈み込んだら5秒かけておきあがります。


一回一回時間をかけてやる事により、胸への負荷が高くなり筋トレ効果がアップします。


素早い動作で回数だけ多くしても意味がありませんので、回数ではなく、しっかりしたフォームでゆっくりやるようにして下さい。


そうすれば10回か15回で限界になるはずです。


この運動を、一日に3~4セット、週5でやれば2ヶ月で効果があると思います。