睡眠不足は体に良くありません。熟睡できる方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

環境を整えることが熟睡出来る


熟睡出来る方法として、寝室の環境を整えるということがポイントになってきます。


まず、ベッドの位置や枕の位置、カーテンはどのようなものを使っているかなどさまざまです。


まず、風水的に鏡の置いてある寝室は避けたほうがよく、もしどうしても鏡を置いておきたいというのならカバーなどを利用してみてもいいでしょう。


自分で好んでいる熟睡の方法としては、それはアロマテラピーなどで気分をほぐしてみるということなどです。


オイルの種類としてもラベンダーなどが鎮静効果もあって熟睡できるにはいいということですよ。


できれば暗い方がよく寝付けるということがありますので、あくまでも室内は暗くして置いたほうがよく寝れるようです。


気分的には、「安心して寝れる」という環境を整えることにあると思います。


厚めのカーテンやレースと普通のカーテンを2種類使うということなどで、寝室の運を逃さないという風水的な考えかたもあります。


また、音楽を聴きながら眠りにつく方法というのも効果がある方法のひとつかもしれないですね。


ムード音楽でもいいし、癒やしを中心とした音楽であると起きたときにも体がすっきりとした感じになっています。


大切なのはお布団に入ったときに「リラックス」できるかどうかが問題になってきます。


いつまでも羊を数えてみるという方法もありますが、自然に寝付けるという方法が一番ですよね。


私が偶然にも病院の待合室にいたときに、お医者さんから教えもらった方法として「ほっとミルク」を寝る前に飲むことです。


また、脳に刺激のあるスマートフォンやPCなどは遠ざけることで深い眠りを手にいれることもできますね。