睡眠不足は体に良くありません。熟睡できる方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

熟睡するには環境を整える


意外と思うでしょうが、真っ暗よりも、ほのかに明りがある方が熟睡できるのです。


理想の明りは30ルクスくらいで、電気スタンドの一番小さい明り程度が良いです。


スタンドの傘の角度を調整して間接照明にする事をオススメします。


寝室に適した温度は夏は25度くらいで、冬は18度、春と秋は20度くらいです。


湿度は50~60%が快適とされていますが、クーラーを付ける夏場の方が冬よりも寝室の温度が低いようです。


夏は額を冷やして、冬は足を温めると熟睡できます。


寝室に聞こえてくる周囲の音の理想は30~40デシベル。


木の葉が触れ合う音が20デシベルで、図書館のざわめきが40デシベルのようです。


うるさいと感じたら、気密性の高いサッシや厚いカーテン、耳栓などで防ぎましょう。


寝る前に物を食べると、胃やその他の身体の機能が活動して眠気を妨げます。


特に、油っこいものは吸収時間がかかるので控えましょう。  寝る3時間前は何も食べないのが理想です。


布団かベッドか、どんな素材がいいかは、人により好みがあります。


敷き布団は腰痛を防ぐ為にも、腰の部分が沈みにくいように、ある程度は硬さがあるものが良いです。


掛け布団は保湿力があり、汗を放湿してくれる素材が理想。


また、よく熟睡したい場合は、眠りに向けて身心をリラックスさせる事が大切です。


好きなBGMを小さく流したり、お風呂に入って温まったり、ストレッチなどの運動で軽く汗をかいたり、アロマテラピーや読書をしたりと、自分なりに寝る前の儀式を持つと良いでしょう。


少なくとも、寝る30分前には、心身をリラックスさせる事も大切です。