睡眠不足は体に良くありません。熟睡できる方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

熟睡する為のコツ


睡眠する為には、いくつかのポイントがあります。


一つは安心感です。 


不安になったり心配事があるとなかなか寝れませんよね。


そんな場合は、自分の身体に話かける事です。


筋肉が緊張している時は、心も神経もくつろげませんから、まずは筋肉の緊張をほぐします。


まず、足の筋肉を緩める為に、膝と腕の下に枕を置きます。


そして、顎 目 腕 足の順にくつろぐように言い聞かせると、不思議と眠ってしまいます。


不眠症を治すには、スポーツなどの肉体的な活動によって身体を疲れさせる事も有効です。


疲れきってしまえば歩きながらでも眠ってしまうし、完全に疲れきっていると、人間は戦争の爆音や恐怖などの中でさえ眠る事ができるようです。


また、噛み合わせを治すと、朝の目覚めが良くなります。


噛み合わせを良くする事で、全身に影響するストレスから解放され、自律神経も正常に作動し、血管系やリンパ系、あるいは内臓系が活発化するようになります。


こうして心身の機能が高まると、短時間で効率的に深い熟睡状態を得られる事ができます。


呼吸も大切で、まずは息を細く長く吐いてみましょう。


すると気分が落ち着いてくるのを感じると思います。


長く息を吐くと副交感神経の働きが高まり、血管が拡張して血圧が下がり、心臓の拍動も収まってきます。


興奮や怒り、イライラしている時の呼吸は浅く、リラックスしている時の呼吸は深く長い。  腹が立っても深呼吸すれば収まってきます。


眠る時は、リラックスするように副交感神経に働きかけて、吐く息に気をつけ、ゆったりした気分で筋肉の緊張を解いてみると熟睡できますよ。