内臓脂肪は落としにくいもの、内臓脂肪の落とし方を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

内臓脂肪を減らすには、食事と運動


内臓脂肪を減らすために大切な事は、適切な食事制限と、適度な運動です。


どちらか片方だけしても効果は半減してしまいますので、本気で内臓脂肪を減らしたい方は両方を同時に行いましょう。


まず食事に関してですが、内臓脂肪がたまりやすい人の食事の傾向として、油っぽい食事や、炭水化物のとり過ぎが多いようです。


油っぽい食事は高カロリーですし、炭水化物のとり過ぎは、中性脂肪を増加させます。


どちらも内臓脂肪の原因となりますので、ぽっこりお腹の方は食事を改善してみましょう。


まず、低脂肪高タンパクな食事をメインにします。


例えば、唐揚げや天ぷらがから、ステーキや、煮物にチェンジするんです。


スポンサードリンク



ステーキは高タンパクですし、赤み肉を使えば余分な脂肪も防ぐ事ができるためにダイエットにはオススメです。


煮物は、甘い味付けと芋類さえさければ、ダイエット効果が高いメニューになります。


肉系の煮物を作る際は、一度湯通しして、油をとってから再度煮込めば余分な脂肪をカット出来るので、ダイエットにオススメできます。


次に運動ですが、軽いジョギングからスタートしましょう。


ジョギングは慣れてくれば早く走れるようになりますが、最初のうちは歩くよりも少し早いくらいのペースでかまいません。


そのくらいのペースでも15分から20分ほど続ければ十分脂肪燃焼効果を発揮出来ます。


食事法や有酸素運動、どちらも続ける事が大切ですから、一週間程度ではなく最低でも1ヶ月は続けて見ましょう。