内臓脂肪は落としにくいもの、内臓脂肪の落とし方を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

ねじる動作で内臓脂肪を減らそう


内臓脂肪は定期的にトレーニングを行えば取り除く事は可能です。


まずオススメしたいのが腹筋運動です。


腹筋運動をすると、腹筋が鍛えられますので、腹筋が肥大化し、カロリーを消費しやすくなります。


カロリーを消費しやすいからだになれば、日頃の生活をしているだけで脂肪が燃えやすくなるんです。


また、腹筋を鍛えれば、ウエスト周りを引き締める事が可能なので、ぽっこりお腹の方にはオススメしたいですね。


スポンサードリンク



さらに腹筋の中でも、ネジリ腹筋をすればより、ウエストのくびれを作る事が出来ます。


ネジリ腹筋のやり方ですが、普通の腹筋をするさいに、途中から左右どちらかに状態をねじってください。


そうする事により、腹横筋を鍛える事が可能なんです。


腹横筋を鍛えると、ウエストをコルセットをしているように引き締める事が出来るので、腹回りが弛んでいる方はこの動作を取り入れてみて下さい。


腹筋と平行して、有酸素運動を行う事も大切です。


筋トレだけでは、脂肪を燃やしきれませんので、有酸素運動を平行しておこないましょう。


有酸素運動は、20分以上継続して行うとより効果を発揮します。


20分以上連続して行うと、それ以降脂肪の燃焼速度も早まりますので、なれてきたら20分、30分、1時間と時間を伸ばしていくといいと思います。


こんな風に腹筋運動と、有酸素運動を週4、最低でも1ヶ月継続すれば、内蔵脂肪も少しずつ減少していき、すっきりとしたウエストが手に入ると思います。