内臓脂肪は落としにくいもの、内臓脂肪の落とし方を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

内臓脂肪を落とすために20分以上続けて運動


内臓脂肪は、皮下脂肪と違って隠れて見えないので、見た目は太っていない人でも内臓脂肪がたっぷりついている場合があります。


これがいわゆる隠れ肥満と言うやつです。


やせ形の人で皮下脂肪がなくても、お腹がでっぱっている人は、内臓脂肪がついている可能性があります。


内臓脂肪はそのままにしておくと、成人病の原因にもなるそうなので、運動をして取り除きましょう。


内臓脂肪をとるために有効な運動は、ウォーキングやジョギングです。


ウォーキングやジョギングは有酸素運動ですから、継続してやる事により、内臓脂肪を燃やす事が出来るんです。


スポンサードリンク



だいたい20分以上続けて運動しましょう。


20分も運動し続けると、大量の汗をかきます。


ですから、運動の前にはきちんと水分補給をする事が大切です。


これを怠ると、血液がドロドロになって、脳梗塞など、重大な病気を引き起こす原因となるのでしっかり水分補給をしてから運動しましょう。


運動後は、汗でミネラルも失われているので、ミネラルの含まれているドリンクを飲みましょう。


オススメはスポーツドリンクです。


有酸素運動は、毎日してもかまいませんが、運動をしていなかった人はがんばりすぎると、足の故障を引き起こしてしまいます。


場合によっては、疲労骨折の原因になりますので、足に痛みがでない程度に休息を取り入れてやる事が大切です。


最初は、週4くらいでもいいかもしれませんね。


それで体力がついてきたら、日数を増やしていく方が安全だと思います。