仕事のときの眠気は辛い物です。眠気の覚ます方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

ツボを刺激して眠気を覚ます


仕事中に眠くなることは、とても辛いことですよね。


酷い眠気があることで、仕事にも集中できないで失敗をしてしまったという経験をした人はいると思います。


この眠気ですが、色々な状況が重なり起こることなのです。


私は、普段6時間以上睡眠をとっています。


私の同僚は、7時間くらい睡眠をとっているようです。


こう見ると、私の同僚のほうが睡眠時間が長く、眠気に襲われるようなことはないように感じますが、実際は私は仕事中に眠くなることはまったくなく、私の同僚は酷い眠気に襲われるそうです。


つまり、睡眠とはその時間ではなく、その質が大切なのです。


どれだけしっかり、自分の体にあった睡眠を取れているかが大切なのです。


しかし、どれだけ寝ても眠気に襲われる方は、簡単な眠気を覚ます方法があります。


まず、眠気を覚ますツボを試してみてください。


人差し指の先をつまむことで、その部分にあるツボが刺激され、眠気を解消してくれるそうです。


実際、私も試してみましたが、頭がスッキルするような感覚がありました。


また、背伸びをすることや、頭を自分の手でマッサージすることも効果があります。


同じ姿勢を保つことは、眠気を増進させてしまいます。


デスクワークの人は定期的に休憩を挟み、外の空気を吸いながら背伸びをすると、かなり眠気解消になるでしょう。


ストレッチをすることや、人と会話をすることなども効果的ですが、ほんとうにどうしようもなく眠気がある場合は、軽い睡眠をとることも大切です。


15分から20分くらいの睡眠でも十分効果があります。