仕事のときの眠気は辛い物です。眠気の覚ます方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

生活習慣を見直して眠気を覚ます


学生時代には、授業中に退屈してついつい居眠りしてしまっていた人も、社会人になるとそういうわけにはいきません。


社会に出ると延々と続く上司の長話を聞いたり、薄暗い会場で行われるプレゼンや会議など、どんなに眠気に襲われる状況でも、寝てしまうわけにはいかないのです。


睡魔に負けられない大事な仕事や会議が控えているときには、眠気を覚ます方法を実践してみてください。


眠気を覚ます方法の1つとして、カフェインを摂取するというのは、よく知られているのではないでしょうか。


カフェインには、興奮作用や眠気を覚ます作用があるだけでなく、集中力を高める効果があるため、仕事の効率UPに役立つと考えられています。


身近なものでは、コーヒーや紅茶、緑茶、コーラなどに含まれており、摂取後20分程度で体に吸収されるので、眠気を抑えたい事柄の少し前に飲むと効果的です。


会議中など、どうしても席を外せない場合には、ツボを刺激して眠気を覚ます方法があります。


眠気覚ましに効果的なツボの1つには中衝(ちゅうしょう)があります。


中衝は、中指の爪の生え際の少し下の位置で人差し指側にあります。


中指を摘んで中衝を揉み押すように刺激すると頭がスッキリしてきますよ。


また、足の指を動かすと血行が悪くなりがちな下半身の血流を良くすることができ、眠気でぼーっとしてしまった気分をスッキリさせることができます。


いろいろ試しても効果がない場合には、眠気を覚ますサプリメントを使うのもいいかもしれません。


日中に起こってしまう眠気は、普段の生活習慣が大きく影響しています。


生活習慣を見直して睡眠不足を防ぎ、良質の睡眠がとれる環境作りも大切だと言えるでしょう。