ウエストを細くするのは、とても難しい物です。ウエストの細くする方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

引き締まったウエストを作るには、内臓脂肪を落とす事


引き締まったウエストは男女ともに人気があります。


引き締まったウエストは、スタイルがよく見えますし、キレイ目な洋服も似合うようになりますからね。


そんなセクシーボディを作るには、皮下脂肪と内臓脂肪の両方を落とす必要があります。


どちらか片方が不足していても、割れた腹筋はてにはいりません。


皮下脂肪は、触ったらわかるので、確かめやすいですが、内臓脂肪は内蔵についているので見た目ではわかりにくいです。


でも、見た目は痩せているのに体脂肪が高い人は内蔵脂肪をたっぷり蓄えている可能性があるので注意しましょう。


スポンサードリンク



そのままでいるといくら筋トレをしても割れた腹筋にはなりません。


内蔵脂肪を落とすには、有酸素運動をする必要があります。


有酸素運動は脂肪燃焼効果が高いので、ダイエット中の方は必ず取り入れてほしいですね。


特に有酸素運動は、内蔵脂肪をてっとり早く燃やす事が出来るんです。


皮下脂肪よりも先に内臓脂肪が燃やされていくために、内蔵脂肪型肥満の方は、筋トレよりも有酸素運動を重点的にしましょう。


内蔵脂肪が燃えれば、自然とぽっこりお腹も解消されるために、ウエストにくびれも生まれます。


ある程度くびれが見えてきたら、腹筋運動もプラスして行うと、筋肉が大きくなるために、よりカットが生まれるようになります。


半年間まじめにやれば、チョコレートのような割れた腹筋を作る事も難しくはありません。


まず有酸素運動、ある程度しぼれたら筋トレも平行して行う事。


この二つだけ頭に入れてトレーニングをして見てください。