お腹の脂肪は落としにくいもの、お腹の脂肪の落とし方を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

酒好きが腹回りの脂肪を落とすには


ビールっ腹と言う言葉があるように、酒好きは肥満体型の人が多いものです。


お酒を飲むと、食欲が増してもりもり食べてしまったり、おつまみのからげなど高カロリーな物を口にしがちです。


そのためにカロリーオーバーになりやすく、お腹に脂肪もついてしまうのでしょう。


それだけではありません。


おつまみだけでなく、お酒自体にもカロリーはありますし、糖質が含まれているお酒は肥満の元となります。


では酒好きが酒を辞めずに腹の脂肪を落とす方法はないのでしょうか。


スポンサードリンク



調べてみたところ、お酒の種類によっては太りにくいものもあるそうです。


例えば、ビールと日本酒は糖質がたっぷり含まれているために太りやすいそうです。


どうしてもビールを飲みたい人は、糖質オフの発泡酒も最近沢山出ていますのでそういうものをチョイスしましょう。


日本酒に関しては、量を減らすか飲まない事をオススメします。


逆に糖質オフのお酒としては、焼酎、ウィスキーなどがあります。


これらは、ダイエット中の方でも安心して飲んでもよいでしょう。


ただし糖質オフだからといって飲み過ぎるとカロリーオーバーになりますので注意して下さい。


さて、お酒の種類を見直したとして、おつまみをそのまま食べていては何もかわりません。


おつまみも、甘い味付けの物や、揚げ物から、お刺身や、ステーキなどにチェンジしましょう。


お刺身やステーキは糖質も少ないですし、タンパク質が豊富なためにダイエット中の方は進んで食べてください。


以上を実践すれば、酒飲みでもお腹の脂肪を減らす事は可能です。