お腹の脂肪は落としにくいもの、お腹の脂肪の落とし方を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

お腹の脂肪の落とすには食事を改善する事


基礎代謝とは、じっとしていても一日に消費するカロリーの事です。


この数値が高ければ、高いほど太りにくい体なんですが、人は年齢を重ねるごとに基礎代謝が落ちてきます。


にも関わらず、食事量は若い頃と同じ。


運動もしない。


そんな生活を続けていれば、消費しきれなかった部分が脂肪にかわってしまうのです。


中年以降で食事や、運動を何もしていない方は大抵お腹に脂肪がついています。


このお腹の脂肪は、見た目が悪いだけでなく、洋服も着れなくなるためにやっかいです。


スポンサードリンク



ではついてしまったお腹の脂肪を取り除くにはどうしたらいいのでしょう。


答えは簡単、食事をかえればいいんです。


若い頃と同じ献立、同じ量を食べていたら太るのは当たり前。


中年太りを解消したければ、ご飯の量を減らし、代わりにタンパク質を多めにとればいいんです。


昔は脂質を押さえる事が肥満解消の近道と言われてきましたが、最近の研究によると、食品に含まれる脂質は接種しても、体に脂肪として蓄積はされにくいと言う事がわかりました。


それよりも、とりすぎた糖質が、中性脂肪に代わり蓄積されていくのです。


ですから、糖質をコントロール出来れば、お腹の脂肪だってつきにくくなるんです。


糖質が含まれる食品は、ご飯やパンや麺類などの主食です。


それらの量を少なくするか、糖質が含まれない食品に置き換える事で、中性脂肪の元となる糖質をカットする事が可能です。


そういった食事を心がければ、自然とお腹の脂肪も減らす事が可能です。