お腹の脂肪は落としにくいもの、お腹の脂肪の落とし方を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

最短でお腹の脂肪を落とす


お腹についた脂肪を落とすには、腹筋運動と、有酸素運動を組み合わせる事が効果的です。


腹筋運動の中でも、V字腹筋は、腹筋全体を鍛える事が出来るために大変おすすめします。


まず、V字腹筋のやり方は、仰向けになった状態から、足と手が丁度Vの字になるように上にあげる動作を繰り返します。


この時、指先を、足先にくっつけるくらいの意識でやるとよいでしょう。


それらを、20回を3セット行います。


腹筋が終わったら、背筋も鍛えましょう。


体の表ばかり鍛えて裏を鍛えないと、猫背になったりバランスの悪い体になってしまいます。


スポンサードリンク



表を鍛えたら裏も鍛える、これは徹底してください。


筋トレが終わったら、10キロのジョギングです。


最初は10キロは長く感じるかもしれません。


ですが、きつくなったら歩いてもいいんです。


そして息を整えたらまた走るようにして下さい。


最初から無理に10キロ走りきろうとすると、足を痛めてしまったり、翌日に疲労が蓄積して走れなくなる事もあります。


ダイエットは数ヶ月と長い期間を要しますので、最初から根を詰めすぎない事が大切です。


10キロですが1時間程度のスローペースでかまいません。


早さよりも、長い時間は知り続ける事が大切なんです。


ジョギングの場合15分を過ぎたあたりから脂肪が燃焼しはじめると言われています。


15分を過ぎてからは、時間が過ぎるごとに燃焼スピードが早くなります。


ですから、早さよりも出来るだけ長い時間走る事を意識するとよいでしょう。


筋トレと、ジョギング、二つを3ヶ月も続ければ、大抵の人はお腹の脂肪も落とす事が出来るはずです。