お腹の脂肪は落としにくいもの、お腹の脂肪の落とし方を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

お腹の脂肪を減らすには炭水化物をコントロール


炭水化物は体を動かすエネルギー源になりますが、取りすぎると脂肪にかわるために厄介です。


また日本人が主食の米は炭水化物量が多いんです。


ですから、いくらおかずをヘルシーな物にしても、ご飯を何杯もお変わりしていたら意味がありません。


例えば、唐揚げ5個とご飯茶碗半分の夕飯と、梅干しと、ご飯大盛り2杯の食事、どちらが太りやすいと思いますか。


実は後者の方が太りやすい食事なんです。


スポンサードリンク



理由はご飯は炭水化物が多いからです。


おかずをいくら梅干しだけにしたって、意味がありません。


お腹の脂肪を減らすには、この主食の炭水化物をいかにコントロール出来るかにかかっています。


そのためには、ご飯を減らすか、食べない代わりに違うものを食べる事です。


木綿豆腐は、ご飯の代用品として利用している方が多いですね。


豆腐はタンパク質が豊富ですし、味も淡白なので主食の代わりにしても、違和感なく食べれると思います。


また、おかずをボリュームのあるものするのも効果的です。


ご飯を食べないので、その分おかずの量を多くするんです。


でも甘い味付けのものは禁物です。


甘い味付けのものは、糖質が多いですから、これも太る原因になります。


例えば、焼き鳥をおかずにするとしたら、タレではなく塩にしましょう。


タレは砂糖が沢山入ってるので、これも脂肪の原因になります。


また、皮よりもモモの方が脂肪が少ないので、焼き鳥を頼むならモモを多めにたべるといいですね。


このように、食べる食品を選択する事で、脂肪を減らすことは十分可能です。