お腹の脂肪は落としにくいもの、お腹の脂肪の落とし方を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

お腹に脂肪がつきにくくなる


飲み会が続くと食べ過ぎてしまい、気づいた頃にはお腹にたっぷり脂肪が蓄えられていたりします。


それを防止するには、食事の順番と食べるものを気をつける事が大切です。


まずは、乾杯の後は、一気にビールを飲まずに一口飲んだらすぐに枝豆を食べましょう。


枝豆は食物繊維が含まれていますので、アルコールを沢山飲む前にしっかり枝豆を食べて満腹感をえるようにしましょう。


また、食物繊維を先にとる事は血糖値の急激な上昇を防ぐ役目も果たします。


血糖値が急激に上昇すると、消化した食べ物が中性脂肪になって蓄えられやすいんです。


スポンサードリンク



ですから、脂肪を蓄えないためにも、先に枝豆やサラダなどを食べましょう。


その後、二杯目のアルコールは出来ればビール以外がいいでしょう。


ビールは糖質が含まれているために、これも肥満の原因となります。


できれば、焼酎の水割りやロック、ウイスキーなどの蒸留酒がオススメです。


蒸留酒は糖質が含まれないので、太りにくいアルコールと言えるでしょう。


ただし、アルコール度数が高めなので、それらをごくごく飲み過ぎると、違う意味で危険なので、糖質がないからといって飲み過ぎないようにして下さい。


そして一番大事なのは、飲んだ後のしめを食べない事です。


しめに麺類やご飯系を食べてしまうと、せっかく枝豆を食べたり、蒸留酒を飲んでいてみ意味がありません。


どうしてもしめに何か食べたいなら、冷や奴など糖質のないものにするといいでしょう。


飲み会にいった時、以上の事を注意するだけで、お腹に脂肪がつきにくくなりますよ。